5月の熱中症について- 株式会社からだケア

多摩 日野 八王子 多摩地域のすべての方々に健康で豊かな生活を

042-585-6477

受付時間/9:00~19:00
休診日/日曜・祝日

5月の熱中症について

こんにちは!5月も後半、すぐ6月が見えてきていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

5月は暑くもなく、寒くもなく1年を通して一番過ごしやすい時期であります。

しかしこの5月、熱中症になる方がかなり多いのです。

今回は、熱中症に関してのお話と熱中症を引き起こしてしまう条件、対策についてお話が出来ればと思います!

 

熱中症とは?

体温が上がり、体内の水分、塩分のバランスが崩れてしまい、体内の調節機能が働かなくなり、      

めまい、痙攣、頭痛などの症状を引き起こしてしまう状態の事を言います。

 

よくテレビのニュースで熱中症の重傷者が…などと取り上げられますが、熱中症にも軽度中等度重症と3つの段階があります

軽度(その場で対応可能)

               

・立ちくらみ                                                

・大量の発汗 

・筋肉痛、筋硬直(いわゆるこむらり返)

中等度(病院の搬送が必要)

・頭痛、気分が悪い、嘔吐、倦怠感、虚脱感

重症(入院して集中的な治療が必要)

・意識障害、痙攣、手足の運動障害

・高体温

と段階があります。

特に高齢者の方や、小さなお子さんは体内から水分が出ている事に気が付いていない方がおります。

お子さん=暑さよりも楽しさが優先して気が付きにくい

高齢者=暑いのが当たり前、エアコンが嫌い、常時暑いのに慣れてしまっている、喉が渇かない

等の理由で熱中症になってしまう方が多いです。

実際に私達も患者様のご自宅に訪問した際、5月で暖房を入れている方、カイロや電気アンカーを入れている方もおり、そのような状況を見かけた際は患者様に声掛けをし注意喚起をさせて頂いております。

ここまでは熱中症に関しての話と、どのような方がなりやすいかをお話させて頂きましたが、次に熱中症になりやすい条件について大きく3つに分けてお話をします。

1環境、2からだ、3行動

環境=気温、湿度が高い、風が弱い、日差しが強い、空調設備がない、密室

からだ=高齢者、乳児、身体に障害がある方、脱水症状(下痢をしている等)、体調不良など

行動=激しい運動、慣れない運動、屋外作業(長時間)、水分補給をしない

この3つが全てとは限りませんが、上記の様な環境、状況、行動していると熱中症になるリスクが高くなる可能性がありますので注意が必要です。

もし熱中症かも?と思われた方は、

 

こまめに水分補給                      

エアコン、扇風機の活用

室内の窓を開け、風の通りを作る

涼しい服装にする、身体を冷やす

暑い日に無理に外出はしない

等の対策をしましょう。

暑さが厳しくなってくるのはこれからです。「知っている」のと「知らない」のとでは対応が全然違います。暑い中でも暑さを楽しめる様、皆様体調にお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

5月病について

皆さんこんにちは!からだケアの小原です!

5月もGWが終わり、今年は3年ぶりの何も規制の無い大型連休でしたが、皆様は故郷や旅行に行く等様々な予定を組んで、お出かけされた事と思います。

GWが始まる前はワクワクし、行く前より何を考えても楽しいことばかりを考えてしまいますよね!

そして、GWが終盤に差し掛かると頭をよぎるのが仕事の事かと思います。

ここで必ず話題になるのが「五月病」です。テレビでもラジオでも取り上げられる程です。

今回はこの「五月病」とは一体どのような状態で、どのような対策をしたら良いかをお話させて頂きます。

五月病とは

急な環境や生活の変化(新入社員、人事異動等)に身体が適応し辛い状態になり、以下の様な症状が見られる事があります。

・うつの様な状態(無気力、無関心、よくわからない不安感、ネガティブ思考)

・身体が怠い、頭痛、腹痛、食欲低下      

・思考力の低下                   

・自律神経失調症   等                            

様々な諸症状が見られます。

もしこちらのブログを見て、五月病かも…。と心配される方もいらっしゃるかと思いますが、ご心配はなく、事前に五月病にならない為のポイントとしていくつかお話させて頂きます。

・趣味を無理なく、継続して行う

→生活環境が変わると、自分自身の優先順位が変わり、趣味に手が付かなくなりがちになります。

 無理に元の状態(環境)に戻そうとすると、理想と現実のギャップが出来てしまい、余計に疲弊してしまいます。

 無理やり趣味を楽しむのではなく、気持ちのゆとりがある時に趣味を楽しむと良いでしょう。

・運動を適度に行う 

→気分転換を兼ねてウォーキング、ストレッチ、ウィンドウショッピングで身体を動かしてみる。

・生活リズム(睡眠時間、起床時間、食事の時間)を整える  

→生活リズムの乱れは集中力の低下、体調不良、ケアレスミスの増加等

 悪循環に陥りやすくなります。

以上の様な状態が見られたら、確実に五月病という事ではないですが、現在のコロナ禍で完全に心を許して日常生活を楽しんでいる方は少ないかと思います。どこか緊張が抜けず、常に気を張り詰めた状態がここ数年続いているかと思います。私もその一人です。

この様な日常が当たり前になっているからこそ、普段のオンとオフを明確にしていく事が大切です。

皆様も少しでも何かおかしいかも…とお思いになった際は、思い切って休息し、リフレッシュをしてみるのはいかがでしょうか?

最後に私がリフレッシュと思い出掛けた際に撮影した巨大鯉のぼりをご紹介し、ここで失礼致します。

春はパン祭り!?

こんにちは!
からだケアの栂瀬(とがせ)と申します。
私の休日は趣味と実益を兼ねて、パン作りをしていますが、最近はもっぱら食パンづくりに勤しんでいます。


パン作りの大事な工程として「発酵」があげられますが、
この発酵には「時間」と「温度」が大事な要素として挙げられます。
気温の不安定なこの時期、つい先日は暖かさに油断して過発酵なパンとなってしまいました...。

 


これはこれで食べて愉しむ分にはありなのですが、人間の場合体内の温度を一定に保つことは、とても大事です。

 

 いわゆる、深部熱がある一定以上ないと、有用な菌が活性化されなかったり免疫力が下がったりということが起こりえるかと思います。

体熱を上げるうえで特に大きい役割を果たすのは筋肉の運動によるものです。

朝晩で気温差が大きい今こそ、衣類での調整と軽い運動やストレッチで体温の微調整を行ってみてください!

ご報告!

皆さまこんにちは!

からだケアの小原です。この度は皆さまにご報告があります!

からだケアは約7年使用していた事務所より新しく事務所の移転をいたしました。

今回、事務所の移転は3回目となります。

最初は1Kのアパートからスタートし、訪問の先生が増えるにあたり、少しずつ事務所スペースを増やしていきました。

今後もからだケアは『多摩地区の健康寿命を5歳引き上げる企業』として各患者様の生活の質の向上、身体機能の向上が出来るよう日々邁進してまいります。

最後に少しではありますが、からだケア事務所をご紹介をさせて頂きます。

ドアを開けると…

メインフロアになります。

各先生の休憩室も完備しています。

カーテンの先には…

スタッフの研修室も完備しています。

撮影した時は、今年入社した整骨院の新人の先生が人として、治療家として成長をしていく為に、研修を受けている最中でした!

皆さん真剣に話を聞いており、今後どのように花開いていくかワクワクします!

今後とも多摩整骨院、からだケアをよろしくお願いいたします!

 

 

桜を見ながら足のトレーニング

皆さんこんにちは!からだケアの萩原です。

4月も中旬になり、陽気もだんだんと暖かくなってきましたね。

皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

4月といえば、お花見のシーズンですね。コロナウイルスが流行り、外出も中々難しい状態ですが、お散歩ついでに桜を眺めてみてはいかがでしょうか?

 

全国では桜が満開になり、感染予防を気を付けながら、遠方に桜を見に行く方もいらっしゃるかと思います。

そんな時に景色を見ながら、『散歩』をしてみるのも気分転換になり良い効果があります。

散歩をすると下肢の筋力が鍛えられるだけでなく、浮腫みの改善にも繋がります!

お家で過ごす時間が長い方は、是非試して見てください。

 

私の休日のお話

皆さまこんにちは!

からだケアの石神と申します。本日は私の休日の日に習慣として行っている事についてお話をさせて頂きます。

 

私は鍼灸師という資格を取得し、日々様々な疾患を持たれている方に遭遇します。

そして、その方々にもっと元気に毎日を楽しく過ごしてもらえるよう、休日は本を読むことが多く日々精進しています。

 

今回はその中で私が普段読んでいる本の一例をご紹介します。

・『ツボ単』」

 

『ツボ単』に関しては、鍼灸専門学校の学生の頃より使用しており、特に穴(ツボ)を取る、(※私たちは取穴と言います。)際に非常に役に立ちます。

 

 

・『鍼灸臨床インシデント』

 

『鍼灸臨床インシデント』については、はり師、きゅう師の資格を取得した後に読み始めました。

日々の臨床(訪問)の現場ではリスク回避をしつつ、安心、安全に患者様が施術を受けて頂く上で、私は読むべき本として重要性を感じています。

この2冊を休日に1項目ずつ、深く読んでいます。

毎回この2冊を読むことで、読む度に新たな気づきや発見をする事もあります。

今後も勉強をする姿勢を崩さず、訪問の現場で患者様の生活と健康に貢献出来るよう日々精進して参ります。

 

皆さんも一度読んでみた本を読み返して、新たな視点や発見をしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

辛い!辛い!花粉の季節…。

こんにちは!

「 訪問鍼灸マッサージ からだケア 」 の訪問スタッフ、木暮です。

今回初めてブログを書かせていただきます!!

 3月も下旬で勤務中は三輪バイクで移動している為、季節の変わり目を肌で感じています。

カイロをべたべた貼って過ごした寒い日々に、やっとお別れ出来ると嬉しい反面、

ちょっと憂鬱な事も…。

そう、「 花粉症 」の季節です!!       

目をこする人のイラスト(女性)  目をこする人のイラスト(男性)

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに充血…。
春のわくわくした気持ちが花粉症のせいで削られてしまう方、多いのではないでしょうか。

私も壊れた蛇口のように鼻水が出たり、鼻が詰まって苦しくなります。

感染症対策でマスクをしているからと言って、

鼻にティッシュを詰めて仕事するわけにもいかず……。

色んな治療薬や治療法がありますが、即効性があって私がよく

勤務中の隙間時間で行うケアを今日はお伝えしたいと思います。

 それは詰まった鼻をスッキリ開通してくれるツボ

【 迎香 げいこう 】【 鼻通 びつう 】です。

 

 花粉症のツボはよく皆さん聞いたことが有るかと思います。

 

【 迎香 げいこう 】の見つけ方。                 

  • 自分の小鼻の横左右に人差し指を置きます。
  • そして歯茎に向かって押し当てるように

ゆっくり押し込みます。

  • ツーンと響く感じがありましたら、

押したままゆっくり鼻呼吸を行って下さい。

 

【 鼻通 びつう 】             

  • 自分の小鼻の横左右に人差し指を置きます。
  • 少し小鼻を押し込むようにしながら、

上に人差し指をスライドさせていきます。

  • 直ぐに鼻の骨につきあたりますので、

人差し指でそこを骨に押し当てるようにゆっくり刺激をいれてください。

  • ツーンと響く感じがありましたら、押したままゆっくり鼻呼吸を行って下さい。

 両方とも鼻周りがとてもスッキリします。是非試してみてください!!

体調で不安がある時は無理せず休息が大切ですが、

運動不足は筋力低下に繋がります。

日常の動きで痛みがあるなど、気になることがありましたら、

是非私たち「 訪問鍼灸マッサージ からだケア 」へご相談ください!

散歩の効果について

皆さま、こんにちは!

からだケアの本郷と申します!

今回、私は散歩についてお話をさせて頂きたいと思います。

3月も中盤になり少しずつ春を感じれるようになってきていますね。

『気温が暖かくなると、外に出て、散歩など運動がしやすくなりますね!

自宅の周りにある、木々や花など、日常の変化を眺めながらお散歩することは、体を健康にするだけでなく、

心のリフレッシュにもつながります。身体と心を整えられるよう、暖かくなるこの時期からお散歩をしてみませんか?』

 

 

自宅で出来るトレーニングのご紹介!

皆様こんにちは!

からだケアの中鶴と申します。

 

新型コロナウィルスの感染予防で外出を控え、以前より歩く機会が少なくなっている方が多いかと思いますので、

今回は自宅で出来るトレーニングの一つを紹介していきます。

 

こちらで、太もも前面の「大腿四頭筋」を鍛える事が出来ます。

 

主な筋肉の働きとして、③点あります。

  • 体重や膝関節を支える。
  • 骨盤の前傾を支える。
  • 基礎代謝を上げる。

 

このように、歩行の際のふらつきや転倒を予防するのに必要な筋肉となります。

 

回数の目安としましては

[1回を8秒]で、[10回×3セット]になります。

 

ゆっくりと行っていく事で、自重トレーニングで効率良く鍛える事が出来ますし、

転倒したり怪我をする事も防げます。

 施術だけでなく、トレーニングを含めてお身体の事をサポートさせて頂けたらと思います。

訪問鍼灸マッサージからだケア

 

訪問鍼灸マッサージからだケア

皆様こんにちは!

訪問鍼灸マッサージからだケアの小原と申します。

私達は多摩地域に住まれている方々に、もっとからだケアの事を知って頂きたいと思い、

この度ブログを始めさせていただきました。

記念すべき第1回の投稿は小原がさせて頂きます。

 

内容は弊社「からだケア」についてお話をさせて下さい。

訪問鍼灸マッサージからだケアは

多摩地域の皆様の健康寿命を5歳引き上げる

事を目的に活動し、寝たきりゼロを目指しています。

また、ご利用者様、ご家族様、スタッフの共通目標として

ずっとこの街で、笑顔を

ずっとこの街で、家族と

ずっとこの街で、歩こう

を共通目標として考えています。

拠点は

日野市八王子市多摩市を中心にオレンジシャツにオレンジバイクで駆け抜けています。

今は新型コロナウイルスの影響で普段の生活が思うように行かず、心と身体の負担が大きくなり

前よりも体力が落ちた

動きづらくなった

という声も聞きます。

私たちは、

・コロナ禍の2年間、感染者0を維持しています。

・2月から定期的にスタッフの抗原検査を実施しています。

現在も検温、手指消毒、ゴーグルとマスクと感染予防を徹底して訪問させて頂いております。

人との関わりが持ちにくい状況ですが、少しでも皆様の心と身体のサポートをさせて頂けたらと思います。

日野市八王子市多摩市でこのロゴマークを見かけましたら、お気軽にお声かけください!

今後ともからだケアを宜しくお願い致します。

訪問鍼灸マッサージからだケア